検索

前回ホームページ作成過程で言葉探しをしていたと書いたのだけれど、要するに自分は何者なんだというところに戻されていたのだ思う。


アイデンティティという言葉には胡散臭さがあって、そもそも自分が不動の同一でいついかなる時もこれこれこういうものであるなどと話せるわけがない。細胞も生まれ変わる。

貧すれば鈍す。虐げられ続ければ気力は削がれる。若くはなので、自分自身、環境に相当流されることはよくわかっている。し、大抵のことは程度問題だと考えるようにもなった。

 それでも、自分は何者なんだろうと常に問い続けることはとてもしんどい作業だけれど、自分が生きていくために必要な作業だったし、今後もそうあり続ける。久しぶりに真剣にそこに戻らなければならない。そういう強烈な事態を、僕らは今、生きていると感じる。

 

bene comune ~みなにとって良い結果をもたらす関係~


コムーネがもともと、イタリア語で行政区分を表す言葉であることは知っていた。

今回、まずはロゴ制作があって、そのなかで、イタリア語の校正を頼んだ古い友人のイザベラに相談に乗ってもらっていた。

自分はとにかく今、しっくり来る言葉を探していると。

WHOの健康の定義が好きだという話。

有機農業というか、有機的であるということはつまり、自分にとっては、社会的であるということに等しい云々カンヌンなどなどごにょごにょ。

しかし、「共生」や「共同体」という言葉まずい。

端的に気に入らない。

どうしても胡散臭い。

感覚的にとしか言えないが。ごにょごにょ。


という話の延長線で、コムーネの話を出した。これは嘘ではなく、僕の方から。

コムーネ。コミューン。まあ、コミュニティだから確かに訳せば共同体なんだけどさ。

コムーネってでも、イタリアだと30人くらいの小さな村も、逆にローマみたいな大きな街もコムーネだよね。

何かそこから連想される良い言葉ないかな。と。


イザベラがbene comuneと言った。

素晴らしい瞬間だった。


漫画版「風の谷のナウシカ」のなかで、巨神兵がナウシカから「オーマ」という名前を与えられ、その瞬間に知性を覚醒させる印象的なシーンがある。


bonumterraeを与えてくれた友人でもあるイザベラ。いまだに自分でも噛むけど、その名が僕らの有り様を決定づけてくれたし、そんな彼女の言葉のセンスを信用している。


そしてその言葉との出会いをロゴ制作に入れ込んでくれた山口言悟さん。

もう何度かやり取りして、一旦ロゴはできていたにも関わらず、その出会いを活かす忍耐をしてくださったことに深く深く感謝致します。

だいたい言悟さん,,、まず名前が最高に素敵だねって、出会ったときに話したことを思い出します。


改めてお二人に感謝.。

気をつけ!

勇気を持って前に―進め!!!!


2020/04/26


#bonumterrae

#benecomune

#ボヌムテッレ


#isabella dionisio

#gengo yamaguchi



最終更新: 2020年4月16日

 たしか昨年の10月だったと思うのだが、そろそろWEBサイトでも作ろうかという話をデザイナーの山口さんにしたまま、その後ズルズルと日々の現場に追われる+軽減税率と受発注システム導入と青色申告確定申告で1月も後半。からのコロナ禍。

 これは本当にまずいことになった。。。と。むしろ隠れているくらいがうちのスタイルにはちょうどよいと思っていたし、フェイスブックページくらいは作っていたものの、アピールと言うにはあまりにお粗末な感じでいたのだが、脳に汗かきそうなほど考えに考えて、もはやお世話になっているレストランさん達の影に隠れているだけでは彼らに恩返しができないし、うちだってどうなるかわからない。そもそもこれはあまりにも強烈な破壊的事態だという状況で、自分たちが何者であるのかという根本から問い直すことになった。正直相当追い詰められたし、脱しているわけではもちろんないのだけれど、幸いなことに山口さんがロゴ作成とホームページのプロジェクトを急発進で進めてくれることになり、このような形でこぎつけることができ、いまは少しホッとしています。

 今回改めて自分を見つめ直す機会になったのだが、つくづく自分は言葉の人間だなと感じる。そう、言葉なんです。

言葉を探して来ないと先に進めない。しっくり来るところを手探りして身に寄せてこないと本当に気持ち悪い。

ここ1週間程は、スタッフの二人に畑作りに動いてもらったおかげで、言葉探しに集中することができた。

池上さん、谷本さん、ほんとうにありがとう。

そして作業過程で行き着いた「言葉」をロゴ制作に活かす忍耐をしてくれた山口言悟さん。

言葉探しに付き合ってくれたボヌムテッレの名付け親で友人のイザベラ・ディオニシオさん。

深く感謝致します。

長くなるので今日はこのへんで。 言葉探しを何故していたのかというところと、たどり着いた言葉については次の機会に。

2020/04/16


#ボヌムテッレ

#bonumterrae

#ホームページ

#ロゴ制作

#作業風景


#山口言悟



最終更新: 2020年4月16日



blog第一回はフェイスブックに書いたものを加筆して再掲致します。

コロナ禍は決定的な何かになってしまうだろうし、またこの痛みを、未来へ向けての舵切りとする決定的な機会にしたいと望むからです。

自分に何が出来るのだろうか。ここ数日ずっと考えていました。

綺麗事になりますけれど、今季、私どもは、関係先の皆様の身体的・精神的健康維持を最優先として、畑に向かい、美味しい野菜を作り続けます。これを可能な限り、経済的に利用しやすい形でお届け出来るよう努力して参ります。武漢に残った方の言い方をお借りすれば、関係者の幸せは私の幸せの必要条件だからです。

ボヌムテッレの農業は、主にレストラン向けの野菜を作り、販売することで成り立たせてまいりました。日々刻々と状況が悪化していっているように見える時の流れの速さにすくみ、自分ごときが書き連ねるべきことなど何があるのだろうかと躊躇がありますし、目に見えて悪化するであろう経営の事で胃が痛みます。

結局の所、自分が何を大事に農家として生きていくと決めたのか。

そこに戻るより無いのだ。―スタッフになってくれる人たちにこれまで話してきた以外に、外部に向けてはいままでちゃんと表明したことが無かったのですが、自分の思考の用に、ここに書き記させていただきます。

我々の経営理念

○私たちは、「健康」というかけがえのない価値を提供いたします。

農と食と社会に対して誠実に向き合い、愛着と共に農産物をお客様に届けることを通じて、事業に関わる全ての人々の「健康」を希求し、健全な未来の実現を目指します。

1.農薬と化学肥料を用いないことで、*1自然環境との持続可能な共存を大前提としながら、旨いものを、愛情をこめて栽培し、誠意をもって販売致します。

2.WHO憲章に従い、事業を通じて関わる全ての人々の、身体的、精神的、社会的「健康」の実現を目的として事業を行います。

3.年度ごとに社内合意上健全であると決定した利益目標を追求することにより、一営利企業として社会貢献を果たします。

4.面白半分。

これら事業を通じて我々は『未来こそが希望』である社会の実現を目指します。

今、ボヌムがお世話になってきた取引先のレストランやホテル、卸の方たちが大変な苦境に置かれています。社会的健康が損なわれ、人が動けずお金が回らない状況です。自分一人では、その健康を実現する力はありません。政治的な働きかけによって、例えば「保証」という「輸血」が、まずは必要でしょうし、私自身、大きな社会という肉体をより健康にしていくためのケアを軽んじていたのではないかという反省があります。せいぜい、取引先と僕らが、経営的にきちんとやっていくこと位の小さな社会しか考えてこなかった。大きな社会の機能不全とはなんと破壊的なインパクトを持つ事態なのだろう―愕然とします。

大きな社会の健康。それは、政治についても考えるということになって行くでしょう。緊急事態宣言を出して自分たちがいくら気をつけても、在日米軍の検疫の術はないらしいとか、そういうことについてもちゃんと考えて、ケアしていく必要があるということなのだと痛感しています。

身の丈の話にもどしますと、シーズンは既に始まっています。私は一人の農家です。野菜を作り、売ればそこに繋がりが発生します。ここには小さくてもやはり社会が存在する。

僕らが関係している飲食業界やホテル業界の他にも、イベント関係や芸術・エンタメ関係など打撃の大きい人達がたくさんいます。その全てに自分が何かを出来るなどと言う力はありませんが、せめてこの困難に際し、我々をこれまで生かしてくれた人たちの肉体的・精神的・社会的健康の維持・実現を果たす一助でありたい。

そのために我々は畑を耕し、種を播きます。生きていけるのかどうかという瀬戸際にだけは安心がある。それが僕らの存在意義だと思っています。物理的にあなた達を飢えさせる事態だけはけして起こさない。

これがわれわれの思いです。

この小さな社会の輪にご協力いただける方を探しています。

スタッフの雇用維持や子ども食堂への食材の寄付。これらの活動の維持にみなさまのご協力をいただければありがたく存じます。

5月以降、一般向けのお野菜の販売等に注力してまいります。

家族の時間が幸せと健康の源となる良い機会となりました。温かい食卓を囲む機会のお供にご一考いただき、ご支援いただける方がいらっしゃいましたら、お野菜セットのご購入の検討をお願い致しますm(_ _)m

長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。

ボヌムテッレ代表

飯島朋彦


注*1フェイスブックには5年前に作成した経営理念をそのまま載せましたが、気候状況が年々悪化しているように肌で感じるわれわれにとってSDG`sは当然の目指すべき理念なので加筆いたしました。






  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Black Facebook Icon