検索

気になるあの娘が笑顔で手を振り走ってくる。

思わずこちらも手をふりふり。

あの娘は俺の後ろの友達に向かって駆けていく。

俺の手は死にたい。

穴蔵で布団をかぶって死にたい。

自尊心は死に体。

そうさ体育。

俺の手はストレッチ。

否事故死。スイッチ。戻れッチ。

あっち、そっち、こっち、キッチン戦隊クックルン。


そういうの。脳の味噌蔵にいくつかストックされてる。意外とdeleteしてくれないのな。

すっごい失言とか。

すっごい地雷踏んで怒らせちゃったこととか。

逃げるようにやめたあの仕事とか。

自分はまったくもって、賢いニンゲンではなかったし、今現在もアホなミスやついつい余計な一言喋ったりとかある。

立ち回りが要領の良いタイプではない。

やらかしてしまう間抜けなタイプだ。


そう。

で?

それがどうした。


誰に恥ずかしいことは無い。めいいっぱいやる。べきことをやる。


もうあの手を恥ずかしいとは思わない。

君、その手を恥ずかし思うなかれ。

人を笑っていられるほど大人は暇ではない。

自分の人生に精一杯。 ボーッと生きているわけじゃない。精一杯さ。だからこそ余計なことは知らない。し、覚えてもいない。

それは少なくとも恥とはよばない。


ただ


うまくやらなければいけない。

うまく立ち回らなければ。


イオセリアーニは言った。

「無垢と世間知らずは唾棄すべきものだ。なぜならそれは長いものには巻かれろ主義の温床になるからだ」と。


忙殺されているようではまずい。世間は流れ、時間は怒りを押し流し、ニュースはおnewをsしていく。



あの時。いや、今なら。あの手はそのままあの娘を立ち止まらせる瞬発力に乗せられたんじゃないかと思う。なんか、こう。芸人的なノリで。ぅおーい!みたいな。しらんけど。

まあ、そういう厚かましさに近い度胸にも馴染めるようになるのに40年もかかった。


仏仏

鬱々

ウツツに乗れず

沈む精神

妬む迷心

食らうダメージ

勝手なイメージ

独り相撲さ

投げ捨てろ怨嗟


あの娘の目を見な

笑顔でそうさ

何かを起こせよてめえで操作

授けろ過去にリズムと翼

思う現在はライムとアンサー


2020/06/20


#適当なことを書く

#リリック










ビリー・アイリッシュがfuckを連呼しながら怒りをぶちまけている。

ジョージ・フロイドの死を受けた#BlackLivesMatterにぶつけるように発生したAllLivesMatterのハッシュタグに向けて。

現に不利益を被る人がいて、その一方で優遇されている状況の人がいる。

持たざるものと持てるもの。

どこの国にだってある問題。

その、持たざるものに対してヘイトや人種差別的な扱いが現に在って、それを咎めよう、止めようというのに、「みんな」ってなんだよって話。俺だって困っているみたいなさもしい話は糞だなって話。


人種差別に中立の立場なんて無い。

ヘイトに中立の立場なんて無い。


反対の声を上げるか、見過ごしている追認者かだ。

見過ごす態度はもう既に「持っている者」たちが望む、長いものにはまかれろ主義だ。


イオセリアーニは言った。

「無垢と世間知らずは唾棄すべきものだ。なぜならそれは現状追認と長いものには巻かれろ主義の温床だからだ」と。


アメリカのツイッター社は反ファシズムのアンティファを名乗る偽のアカウントを白人至上主義団体が作り、暴動扇動ツイートを発していたと発表し、偽アカウントの作成禁止の規定に違反したとしてこれを凍結した。*1

SNS時代。フェイクニュースや嘘、デマ、なんでもござれで仕掛けてきやがる。

難しいのは陰謀論との距離感。

日本はねじれすぎてるから、対抗する時の論拠が陰謀論になりかねない危険はあるし、何をっするにしたって、実際のオペレーションというものがあるわけだから、妥当性の正当な評価はもちろん必要だけれど、ほんっと、不透明だからね。公文書の書き換えを指示した連中なわけだから、根本的な不信につながって当然だよ。



*1

https://www.cnn.co.jp/tech/35154702.html


黒沢清監督の映画が好きだ。

ニンゲン合格やカリスマ辺りをちょうど大学に入ったばかりの頃に観るようになって、蛇の道や蜘蛛の瞳、cure、アカルイミライなんかに熱狂していた。

2000年代丁度位の時期。

9.11のあとにアカルイミライだったのが、個人的にすごく良かったし、あの映画でバックホーンを知った。

自分が躊躇無く撃ち殺そうとした相手を直後に躊躇なく助けようとすることが出来る。

ストーリーを説明しようとするとアホみたいになってしまう、最凶に楽しい黒沢清映画で僕は、不条理という概念の肯定的な理解を手に入れた。矛盾?論理?知ったことか。


我、為す。ただ為すなり。


黒沢映画の登場人物は、走り、歩き回る。突然落下する物体があり、霊が、霊体ではありえない重力を、感じてしまったかのようにゆらりと体勢を崩しかけ、直る仕草。背筋が凍るほどの恐怖。

ジガ・ヴェルトフ以来、映画はずっと、運動こそがその本質的魅力の重要な要素でありつづけている。

運動。

仕草の発明。

そう、発明こそが偉大なのだ。

僕にとってスピルバークが偉大なのは、ETで指を合わせるシーンを発明したからだし、イオセリアーニの登場人物たちは常に魅力的な仕草を発明し続ける。スリの手際は見事で、爆発寸前で嫌になるジャン・ポール・ベルモントは唖然とするほど間抜け。ニコラス・レイは瓶を蹴っ飛ばすだけで痺れるほどに美しい。


僕が兄のように慕う先輩が宮崎で,、もも焼きのお店を営んでいる。


進也さん。

コックだった時、唯一、一緒に映画の話をしていた先輩。成瀬巳喜男を教えてくれた先輩。

自分が困難に在った時、宮崎に来ないかと誘ってくれた先輩。そう「浮雲」のように流れて。そのあり得たかもしれない平行世界のことを思うとき、自分はとても豊かな気持ちになれる。


進也さんと黒沢清。

アカルイミライへ。


進也さん

僕はもう「待た」ない。

僕は「行く」。


2020/05/21


画像お借りいたしました。

https://internet-frontline.com/blog/2015/01/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%80%8D/



#黒沢清

#映画 #アカルイミライ #ジガ・ヴェルトフ

#ET

#ロベール・ブレッソン

#黒木和雄

#勝手にしやがれ

#アメリカの友人

#成瀬巳喜男

#浮雲


#もも鐵

#ボヌムテッレ

#bonumterrae

  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Black Facebook Icon