検索

熊の場所。舞城王太郎に寄せて

人に要領よく容れないところがある。

単純に怠け者。

自分自身についてイヤだなと思う部分二つ。

一般的によく言われているように、きっと、この部分を自分の子供にも見ることになるのかもしれないと思うと、我に帰る。

これは自分にとっての熊の場所だ。

いづれその時、自分の子供にも自分と似たところを見てしまうとき、そのことで責めたり、蔑むのは、自分に対してなのだ。そうならないように、熊の場所に自ら歩んで戻る必要がある。

自分にとってのそれは、宿命として、楽しむことであり、創作であり、人付き合い。

桃源郷の地獄を背負えない、自ら愉しめない質を自ずから切らなければいけない。それが自分の負っている業なのだと勝手気ままに思う。

娘、5歳。

もうすぐ息子が誕生しようとしている。

佐久医療センターにて、妻の検診を待ちながら。


2020年10月9日午前


君の誕生を待つ。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

なんでイタリア語?

わたくしが鬱屈としたルサンチmanから偏愛主義者へ変態しようともごもご動いているきっかけを与えてくれた興味の対象がイタリアの食文化なのでしたとお伝えしたく、今回のブログを

梅雨そして艶

なんの因果かここにあり 芯の震えに目を閉じる。 恥辱も怒りも喜びも 一晩おねんね漬物怠惰。 凡庸均して流されて 才能?負けたり体力に この道どの道どっちみち この未知あの無知ふるふる脳 風穴あけたい顳かみ甘噛 換気がいるのさ要注意 喚起。そう連想ゲーム。 歓喜じゃれ合い葉の言やー。 すけぴちょぴちょ滴る艶。 生える映えたるハエたかる。 腐れり草草草の露。 おのれおんどれ梅雨けぶかぶ虚無 行け音高く

  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Black Facebook Icon