top of page
検索

偶然と運命あるいはプロポーズ。

今年もいよいよシーズンインといった日々となり、畑で作業の毎日を送っている。

ここ数ヶ月、文章を書く時間を意図的に少なくしており、思考が鈍重。書き方を変えようと思案。重たく曇った頭で書く暗中模索。

独立営農して4年目までの、ゆうすけが居てくれた時期を、わけも分からず突っ走った創業期とすると、今シーズンで卒業する池さんとこうへいさんが居てくれたここ3年ほどが、第2期といった感じで、経営の実際に自分自身をアジャストさせていくための時期になっていたなと思う。先日、スタッフ募集をアナウンスした。新しい出会いに期待しながら、自分たちの仕事を洗練させていくための第3期となるだろうか。出会いの化学はどんな反応を導くだろうか。うかうかしてるてどんな顔?

自分がここで農家になり、こうしている現在は、とても不思議だ。言うなれば、たまたま偶然こうなったとしか思えない。成瀬巳喜男の「浮雲」が好きだ。流れ流れてどこへ行く。安きに就いたわけではないとは、思う。アフリカから人類が移動して歩いたように、生きていける場所を探して、流れてきた。ここへ。途中、運良く死にはしなかった。辞めるのもそれなりに勇気とエネルギーが必要だった。土下座もした。ギャグみたいな過去の話。土下座ベイビー大地のバイブスひれ伏した。

居合わせること。引き当てることも才能だとマヒトゥーザピープル。それをとりあえず運命と言い換えてみれば、偶然に戦慄を覚える。成功を自信にのみ結びつける男根主義者に不信を。

戦友は祖父の隣で銃弾を受けた。普段は割にしょうもないこと言いな爺さん、運命ぞと俺に言い聞かす。それはしょうもない祖父なりの忠告だったのかいや、運命と才能って使い方と文脈次第でだいぶんまずい印象になりゃせんの。まいいさ。教育者でも学者でもねえ。

南洋に行こうと森雅之。ハワイの夜はクレイジー剣さん。カウリスマキまでは記憶の隙間。そりゃ過去のない男。浮雲じゃない。だいたい流れるだと思っていた。記憶混濁こんこんと。イマジンオールザピープル。

一人目の子は早和子。リヴィングライフインピース。

二人目の子は千景(ci(hi)ro)。千の光千の影千の景色。映画のことだね。

これにてボヌム中の人の自己紹介とさせて頂きますれば

どうぞ偶然が良い出会いに届きますよう。

この手紙が誰かの琴線に居合わせてくださいますよう。



2021年4月2日深夜

#アキ・カウリスマキ









閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

卵焼きのこと。濱口竜介『悪は存在しない』に。

おふくろの作る卵焼きは砂糖を入れた甘いタイプのものだった。 親父が甘いタイプが好きだったから。 俺は醤油ベースのしょっぱいタイプが好きだから、不満だった。 お弁当の卵焼きをいつも同級生のしゅうぞうくんと交換していた。

ブルー・サタデイ

ほぼ年一回しか書かないブログにたどり着いてくださった方、ありがとうございます。 個人的な出来事も 事業としての有り様も かなり動きのある年でした。 ・3月に、2歳で生き別れた戸籍上の実父が亡くなり、それに付随する出来事があった。 ・スタッフという言葉とそれに付随する関係性がたいへん嫌いになり、協力者と呼ばせてもらうことにした今年、今までで一番多くの人に協力してもらった。 ・秋の最終から、大きな流通

Comentários


bottom of page