検索

梅雨そして艶

なんの因果かここにあり

芯の震えに目を閉じる。

恥辱も怒りも喜びも

一晩おねんね漬物怠惰。

凡庸均して流されて

才能?負けたり体力に

この道どの道どっちみち

この未知あの無知ふるふる脳

風穴あけたい顳かみ甘噛

換気がいるのさ要注意

喚起。そう連想ゲーム。

歓喜じゃれ合い葉の言やー。

すけぴちょぴちょ滴る艶。

生える映えたるハエたかる。

腐れり草草草の露。

おのれおんどれ梅雨けぶかぶ虚無

行け音高く腰低く。

踊れ音頭じゃわれなれそれそれ

ふらふれほれはれ晴りゃーせよいよい。


2020/07/11


#音頭

#適当なことを書く





閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

秋。夜長。昔話。 物書きになりたくて、芝居に関わっていたことがある。 書き手としても演者としても演出家としてもイケずに終わらせてしまったなと思う。 苦い。 ま、そのことは横に置いておいて。 2003年 京都芸術センター主催で、松田正隆の戯曲「海と日傘」を、日本と韓両の両国の若手演出家がそれぞれに演出し、上演するという企画があり、その舞台を観る機会があった。 その舞台の日本側の演出を担ったのが、当時

東日本大震災から10年が経った。 自分は語るべきものがあるわけではないけれど、節目にその日のことを書いておくことにする。 地震が起こったときは、恵比寿の喫茶店で打ち合わせの最中だった。 恵比寿を出た後、どういう経緯だったのかは忘れたのだけれど、徒歩で取引先の人たちを訪ね歩いた。 途中疲れ果てて、赤坂の富士そばで温かいそばを食べた。 結構遅い時間帯だっと思うけれど、店内は帰宅困難者らしき人々が沢山い