検索

梅雨そして艶

なんの因果かここにあり

芯の震えに目を閉じる。

恥辱も怒りも喜びも

一晩おねんね漬物怠惰。

凡庸均して流されて

才能?負けたり体力に

この道どの道どっちみち

この未知あの無知ふるふる脳

風穴あけたい顳かみ甘噛

換気がいるのさ要注意

喚起。そう連想ゲーム。

歓喜じゃれ合い葉の言やー。

すけぴちょぴちょ滴る艶。

生える映えたるハエたかる。

腐れり草草草の露。

おのれおんどれ梅雨けぶかぶ虚無

行け音高く腰低く。

踊れ音頭じゃわれなれそれそれ

ふらふれほれはれ晴りゃーせよいよい。


2020/07/11


#音頭

#適当なことを書く





32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あの日富士そばで。

東日本大震災から10年が経った。 自分は語るべきものがあるわけではないけれど、節目にその日のことを書いておくことにする。 地震が起こったときは、恵比寿の喫茶店で打ち合わせの最中だった。 恵比寿を出た後、どういう経緯だったのかは忘れたのだけれど、徒歩で取引先の人たちを訪ね歩いた。 途中疲れ果てて、赤坂の富士そばで温かいそばを食べた。 結構遅い時間帯だっと思うけれど、店内は帰宅困難者らしき人々が沢山い

なんでイタリア語?

わたくしが鬱屈としたルサンチmanから偏愛主義者へ変態しようともごもご動いているきっかけを与えてくれた興味の対象がイタリアの食文化なのでしたとお伝えしたく、今回のブログを