top of page
検索

梅雨そして艶

なんの因果かここにあり

芯の震えに目を閉じる。

恥辱も怒りも喜びも

一晩おねんね漬物怠惰。

凡庸均して流されて

才能?負けたり体力に

この道どの道どっちみち

この未知あの無知ふるふる脳

風穴あけたい顳かみ甘噛

換気がいるのさ要注意

喚起。そう連想ゲーム。

歓喜じゃれ合い葉の言やー。

すけぴちょぴちょ滴る艶。

生える映えたるハエたかる。

腐れり草草草の露。

おのれおんどれ梅雨けぶかぶ虚無

行け音高く腰低く。

踊れ音頭じゃわれなれそれそれ

ふらふれほれはれ晴りゃーせよいよい。


2020/07/11






閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

卵焼きのこと。濱口竜介『悪は存在しない』に。

おふくろの作る卵焼きは砂糖を入れた甘いタイプのものだった。 親父が甘いタイプが好きだったから。 俺は醤油ベースのしょっぱいタイプが好きだから、不満だった。 お弁当の卵焼きをいつも同級生のしゅうぞうくんと交換していた。

ブルー・サタデイ

ほぼ年一回しか書かないブログにたどり着いてくださった方、ありがとうございます。 個人的な出来事も 事業としての有り様も かなり動きのある年でした。 ・3月に、2歳で生き別れた戸籍上の実父が亡くなり、それに付随する出来事があった。 ・スタッフという言葉とそれに付随する関係性がたいへん嫌いになり、協力者と呼ばせてもらうことにした今年、今までで一番多くの人に協力してもらった。 ・秋の最終から、大きな流通

Comments


bottom of page