検索

ウェブサイトつくりの曲折

更新日:2020年4月16日

 たしか昨年の10月だったと思うのだが、そろそろWEBサイトでも作ろうかという話をデザイナーの山口さんにしたまま、その後ズルズルと日々の現場に追われる+軽減税率と受発注システム導入と青色申告確定申告で1月も後半。からのコロナ禍。

 これは本当にまずいことになった。。。と。むしろ隠れているくらいがうちのスタイルにはちょうどよいと思っていたし、フェイスブックページくらいは作っていたものの、アピールと言うにはあまりにお粗末な感じでいたのだが、脳に汗かきそうなほど考えに考えて、もはやお世話になっているレストランさん達の影に隠れているだけでは彼らに恩返しができないし、うちだってどうなるかわからない。そもそもこれはあまりにも強烈な破壊的事態だという状況で、自分たちが何者であるのかという根本から問い直すことになった。正直相当追い詰められたし、脱しているわけではもちろんないのだけれど、幸いなことに山口さんがロゴ作成とホームページのプロジェクトを急発進で進めてくれることになり、このような形でこぎつけることができ、いまは少しホッとしています。

 今回改めて自分を見つめ直す機会になったのだが、つくづく自分は言葉の人間だなと感じる。そう、言葉なんです。

言葉を探して来ないと先に進めない。しっくり来るところを手探りして身に寄せてこないと本当に気持ち悪い。

ここ1週間程は、スタッフの二人に畑作りに動いてもらったおかげで、言葉探しに集中することができた。

池上さん、谷本さん、ほんとうにありがとう。

そして作業過程で行き着いた「言葉」をロゴ制作に活かす忍耐をしてくれた山口言悟さん。

言葉探しに付き合ってくれたボヌムテッレの名付け親で友人のイザベラ・ディオニシオさん。

深く感謝致します。

長くなるので今日はこのへんで。 言葉探しを何故していたのかというところと、たどり着いた言葉については次の機会に。

2020/04/16


#ボヌムテッレ

#bonumterrae

#ホームページ

#ロゴ制作

#作業風景


#山口言悟



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

秋。夜長。昔話。 物書きになりたくて、芝居に関わっていたことがある。 書き手としても演者としても演出家としてもイケずに終わらせてしまったなと思う。 苦い。 ま、そのことは横に置いておいて。 2003年 京都芸術センター主催で、松田正隆の戯曲「海と日傘」を、日本と韓両の両国の若手演出家がそれぞれに演出し、上演するという企画があり、その舞台を観る機会があった。 その舞台の日本側の演出を担ったのが、当時

東日本大震災から10年が経った。 自分は語るべきものがあるわけではないけれど、節目にその日のことを書いておくことにする。 地震が起こったときは、恵比寿の喫茶店で打ち合わせの最中だった。 恵比寿を出た後、どういう経緯だったのかは忘れたのだけれど、徒歩で取引先の人たちを訪ね歩いた。 途中疲れ果てて、赤坂の富士そばで温かいそばを食べた。 結構遅い時間帯だっと思うけれど、店内は帰宅困難者らしき人々が沢山い